スマホ・パソコン 一覧

スポンサーリンク

Web集客をするうえで、心がけたいたった一つのこと

ブログを書いているとPV数を気にするようになります。そして、一喜一憂をします。
その中で、毎回書いた記事が多くの人に読まれると嬉しいと思います。

そのような記事を書いて、集客するまでに心がけてほしい1つのことを紹介します。
どれだけいい記事を書いても、読み手に届かなければそれは世に広まったことにはなりません。良い情報は出来るだけたくさんの人に届けていきましょう。
そのために集客は重要です。
検索流入を狙いに行くのは当たり前ですが。心がけてほしいことはSNS流入の重要性を知ることです。SNSといえばTwitterとFacebookが主流ではないでしょうか。
SNSというものは休憩中や移動時間に簡単にチェックすることが出来、多くの人が1日に1回はチェックをしていると思います。

だからこそ、その時間を狙ってSNS発信を行い、集客を行うことによって多くの人を集めることが出来ます。ただたんにタイムラインに流すのではなく、よく読まれる時間帯や文章を研究して、発信する必要があります。これさえできれば、この時代のWeb集客には困ることがありません。

多くの人が利用しているSNS。
このSNSの力を信じて、記事を書き流していくことは簡単そうで難しいですが、勉強さえできれば読者は簡単に集まり始めます。
集まってくると、あとは求められている層に相応の内容記事を書いていき、またSNSで流していく。
この流れさえつまむことが出来れば、集客がうまく進むことでしょう。


Web集客の種類について

Web集客といっても、その手法は色々とあります。例えば企業のホームページを使って宣伝活動をするのも、Web集客のひとつです。あるいはメルマガを配信してユーザーを確保するのも効果的な手法と言えます。
さらに検索エンジンによるSEO対策も重要なポイントとなります。特定のキーワードによってサイトが上位表示されるようにコンテンツを作るわけです。その際に、どのようなキーワードで集客するかも大切です。あるいはリスティング広告を利用して、検索により広告表示されるように登録する方法もあります。広告料金の設定によって、どれだけ上位に表示されるのかが決まる仕組みとなります。

いずれにしても、いかに不特定のユーザーを自社のサイトへ呼び込むか、あるいは広告をクリックしてもらうことで誘導するかがポイントになります。同じキーワードで同業他社が集客しているので、いかに上位表示されるかがポイントと言えます。

あるいは自社のサイトのコンテンツに工夫をして、最終的にランディングページに誘うようにすることが大事です。ランディングページとは、最終的にユーザーに資料の申し込みや購入を決断させるページを意味します。そのページからリンクすることはなく、そこで何かしらの決断を下してもらうのが目的となります。このような仕組みを理解した上で、効率良くユーザーを集め、さらに興味を持ってもらうことが必要です。その上で資料請求や購入申し込みへと結びつけるのがWeb集客の目的となります。

知人が、大阪・兵庫でWeb集客の会社をやってますが、毎年手法が変わるそうです。


私はこんな風にインターネットを利用しています

10数年前までは、私はPCを持っておらず、インターネットも何のことかという生活をしていました。
しかしPCを手に入れてからというものは今や手放せないものになっています。

まず毎日のように日記を書いています。犬を飼っているのでその話や、写真も好きなので庭の花や、出かけたときの風景なども載せています。
気づけばもう10年以上も更新し続けています。手書きの日記も以前は書いていましたが、ここまでまめにはしていませんでした。おそらく見てくれている人があるというのが励みになっているのかなァと思います。
日々の生活の中のちょっとした「あのね。」を聞いてもらっているのかもしれません。

また他のインターネットの活用は、買い物をすることです。Amazonや楽天、ヤフーなどなんでも利用しています。
ネットのなかった時代は、出かけていって探し物をするわけですが、今は簡単に検索して欲しいものを手に入れることができます。
それに商品を実際に買った人の口コミも簡単に読めるので、買い物をする前によく検討してから買えるのが助かっています。
先日はセラミックのフライパンを手に入れました。これも色んな方のレビューを読んで、すぐにくっつくという意見もあれば、大丈夫という人もいて、コツは強火で使わないことと、油を必ず引くこと、温度変化に弱いので熱いままじゅっと水につけない。などの知識を得ることができました。
おかげで今もよく使えています。
またインターネットでは値段も比較できるので安いものを見つけられるのも良い点です。

またオークションもたまに利用しています。
私は手芸をするので毛糸やレースやボタンなどの材料を探すことが多いです。また昔好きだったアーティストのCDやDVDなども探すことが多いです。
こちらも検索して探しているだけでも楽しいし、掘り出し物を見つけたりすると本当に得した気分になります。
また自分自身もいらなくなってまだ使えるものを出品し、買ってもらえればお金になるし助かっています。

あとはユーチューブを見るのも好きです。
犬や猫のおもしろ動画も楽しいです。先日はすりすりする犬の動画を見て和みました。
また私はビリージョエルが好きなのですが、あのビリーが60代になった今も精力的にライブ活動をしていて、自分はアメリカまで行くことはできませんがその歌声を今も聴けるのが楽しいです。
逆に、高校生時代に夢中になった昔のちりちり頭の時代の懐かしい透き通った歌声も聴けるのも何よりです。
320779s


どこまでも進化し続けるホームページ

私がホームページを作成したのは、インターネットを始めて間もなくでした。文書作成ソフトにホームページを作る機能がついていて試したところから始まります。その出来上がったHTMLファイルをメモ帳で開いてみて、これなら自由自在にホームページが作れると思い本格的な作成に乗り出しました。

最初はHTMLによる情報発信だけが目的のページでした。自己紹介だったり、友達のページへのリンクだったり、本当に簡単なものでした。するとある時、友達のホームページに何やら面白いものをみつけました。掲示板です。他にもカウンターやら動作の面白いものがありました。私は早速その友達にメールをしました。その時のメールは未だに友達に突っ込みを入れられますね。要件を書かずにその時の感動だけを伝えるメールだったようで、友達がなんとなく空気を読んでやり方を教えてくれたのでした。

それから私は、CGIというPerlプログラムを勉強したり、Javascriptというプログラム言語で動きのあるホームページの作成を試みました。特にはまったのがCGIですね。掲示板だけでなく、本当に色々なことができてしまいます。サーバ側に情報をためこんで、それを処理して情報が発信できるようになるのです。分かりやすくいうと、HTMLだけだと文字の情報をそのまま発信することしかできません。しかしCGIが使えるようになると、誰かから受けた情報などをサーバ側に蓄積し、それを処理して発信することができるようになるのです。例えば掲示板だったり、カウンターだったり、アクセスログだったり、サーチしてホームページ内のデータを検索したりすることもできるのです。

しばらくすると、今度はスタイルシートというものが広まっていきました。ホームページをより細かく表示設定できるものです。ここまでくると流石に趣味でやるのは大変になってきましたね。それでも多少なりとも知識がないと、綺麗なホームページは作れません。必死になって基本的な部分だけは覚えました。

こうして現在では、HTML、CGI、そしてスタイルシートと覚え、それなりのホームページを作っています。頑張って作り過ぎたので、個人のホームページとしては日本一大きなサイトになっているのではないかと自分では勝手に思っています。もちろんこれからも作り続けていきますよ。ただ複雑なのはしんどいので、これからはあまり複雑化しないで欲しいですね。

最後に一つ念の為に書いておきます。ウェブサイトのことを日本ではホームページと言いますが、本来はブラウザのホームに設定するページのことを言います。私はそのホームに設定するページも自分で作成し、ブックマーク的な使い方だったり、よく使う情報だったりを表示するようにしています。ここではPHPというプログラム言語を使っていたりしますが、本当にホームページ作成には色々な知識が必要となりました。完全にプロの領域と化してきていますね。


ホームページ作成を便利にするツールなど

ホームページ作成の世界では様々なツールやフレームワークが日々(^_^;)生まれており、昔に比べて効率化できるようになっています。そのほとんどがオープンソースだということもあり利用者の数も多いんです。

ホームページ作成というと専門のグラフィカルなツールを使って作っていくと思っている人がいますが、現実はそうではありません。
おそらくそういった昔で言うところのWYSIWYGな環境で作業できるのが一番良いのでしょうけれども、そういったツールはまだまだ(ーー;)完璧ではなくメンテナンスしずらいコードをはき出したりしてしまいますので、あとあと(>_<)やりづらかったりします。

そのためプロとしてホームページ作成している人間たちの多くがエディタを利用しています。
自分でHTMLとCSSを手書きしていくんです。
とはいっても全部を手書きするのは面倒くさいので入力補完といって途中まで書いたら後の構文を(^^♪サッと入力してくれるようなものを使っているケースが多いでしょう。
更に効率化をはかりたい場合はEmmetというツールを導入していることが多いです。
これはHTMLのタグうちを効率化しようというツールです。
簡単にliタグを10個用意したりということができます。
また、コードを書き換えたらリロードしなければ画面上では(・_・;)反映されないのは当然なのですが、そこを自動化させるようなツールもよく利用されています。ライブリロードなどと呼ばれている仕組みです。
コードを保存した瞬間にブラウザ上でリロードされて、書き換えられた内容のホームページが表示されるようになるんです。
非常に(^^♪便利です。
こういったツール類というのはどんどんと使っていかないと損ですよね。

奈良でホームページ作成をやっている知人も、いろんなツールを駆使してると言ってました。


ホームページ制作にはHTMLの知識が必要です

私は自分のホームページを作るのにホームページ制作ソフトを使わず、

手打ちでHTMLを入力して作るようにしています。

zei_etax

私のパソコンはマックなので、ホームページビルダーなど、

便利なソフトを使うことができなくて困っていました。

ホームページ制作にはHTMLの知識が必要だと痛感しました。

私はアメリカに住んでいましたので、

アメリカのAT&Tをプロバイダーとして使っていて、

そのAT&Tから与えられたホームページの容量を

使ってホームページを作りました

とてもシンプルに作ることを心がけて作りました。

ホームページは何度も訪問して欲しいので、

派手なトップページはやめて、極々シンプルなデザインにして、

訪問しやすいサイトにすることにしました。

オープニングページにはMIDIの音楽を付けてボタンを

設置してそこから各ページに飛ぶことが出来るようにしました。

私のホームページはコンテンツが多いので、

かなり複雑な構造になってしまいましたが、

見る側からするととてもシンプルなのです。日本に帰って

来てからもアメリカのAT&Tのホームページを使っていました。

当時は電話回線でインターネットに接続していましたので、

アメリカのAT&Tに電話回線で接続して

ホームページをアップしていました。

ホームページ制作には充分なHTMLの知識がありましたから、

アップデートするのにも余裕がありました。

そのうちにAT&Tがホームページのサービスを

中止するということになって、

自分のホームページを維持するために、

ドメインを取得してそこでホームページ制作をすることにしました。

しかし、すべての情報を再構築させることが出来ず

今は休止状態になってしまっています。

もっと簡単なホームページ制作ソフトが手に入れば簡単

ホームページを作ることができそうですが、

ソフトを持っていないので、自分が持つ知識だけで

作成しないといけないのでまだまだ時間がかかりそうです。

ホームページをアップしたらまた楽しい話がたくさん書けそうです

私の友人はホームページ作成業を奈良で一人で自営してます。

インターネットの世界はどんどん新しくなっていくので、

次回ホームページ作成のときに分からない事が

あったらいろいろ聞いてみたいと思ってます。

すごい!私のイラストがLINEスタンプになった!!


リサイクルトナーの採用を検討

私が今の会社に入ってからすぐに、毎日の印刷が待っていました。
取引先から毎日預かってくるデータを、あるプログラムを介して印刷用に変換した後、二台のレーザープリンタを利用して、一日何百枚と印刷をします。印刷後は、パートさんに渡して、折り曲げて封入封緘をしてもらって、郵便局に出すという仕事でした。

レーザープリンタの管理等は、当時の所長が行っていましたが、ろくな引き継ぎもせずに、所長が変わってしまったのです。
そのため、レーザープリンタの管理者は、私になってしまいました。
ある日、トナーが切れたので注文しようと思ったら、その金額に(・。・;びっくりしたことがあります。トナー1つで安くても4万弱するというのです。

そこでひとつの疑問が生まれました。本当にこんな価格で、前の所長は、純正のトナーを購入していたのだろうかという疑問です。
過去の伝票を調べてみたところ、やはり思っていた通り、リサイクルトナーを使用していました。
それだと価格は一気に5千円前後にまで落ちます
ならリサイクルトナーを利用すればいい、という事になりました。

しかし、リサイクルトナーというのは、何か不具合はないのだろうかという不安もありました
純正品ではないので、トラブルが生じた際に、メーカーのサポートは受けられないという事
わかっていましたが、果たしてそのトラブルがどれほど起きるものなのかというのは、全くの(?_?)未知数だったのです。

その時は純正を購入すればいいという、所長の鶴の一声で、結局リサイクルトナーを採用する事になりました
リサイクルトナーにしてから数年が経過しますが、今のところ何も問題は発生していません。一度や二度、問題が発生したところで、純正を購入するよりはコストも少ないですし、今後もリサイクルトナーを使用していくことだろうと思われます。

印刷のクオリティにおいても、純正トナーと遜色ありませんし、インクジェットとコストもそれほど変わりませんし、今のところ(*^^)vいいことづくめです。
copy_man

え?印刷コスト50%削減?!定額レンタル印刷ならスリホ


種類によって買取をする業者は変わる

ソフトの買い取りと言っても、どのようなソフトであるかを考えなければなりません。
例えばパソコンのソフトであれば、それに合った業者を利用することが必要となります。
ゲームソフトを買い取ってくれる業者にパソコンのソフトを買い取ってもらうことは無理なことですから、売る場所は考えなければならないのです。
そして出来る限り高値で買い取ってもらうことを目的として行動してください。
安い所で売っても損をすることがありますから、出来る限り高い所でソフトの買い取りを行って貰うといいです。

kaden_CD_DVD

高値で買い取ってもらうポイントとしては、在庫を持っていないようなソフトを売却することです。
一般的に売却する時に在庫を持っているようなソフトが高くなるわけがありませんし、業者も在庫を持っているものほど安い金額で買い取ってしまいます。
そのため色々な業者を確認してから売却する所を決めるといいです。
ゲームソフトでも同じことですが、とにかくこのソフトを高く買い取ってくれる所を探した方が得をするのです。

もう1つ注意しなければならないのは、業者によって買取の基本が違っている所です。
どれくらいの金額で買い取ってくれるのかはその業者によって異なっていますが、基礎的な数字というのはかなり違っています。
在庫が多いようなソフトの買い取りについてはとにかく安い金額となってしまいますが、それでも高くしたいなら基本的な買取が高い所がいいでしょう。
これは口コミやホームページに記載されていることがあるため、調べておくと色々わかります。

高値で買い取りたい場合はとにかく沢山のソフトを持っていき、纏めて買い取ってもらう時のサービスを利用する方法もあります。
色々な方法を使って少しでも高い値段で買い取ってもらうことが必要だと思いますし、折角売りに出すのですから、ちょっとでも高い値段で買い取ってもらう努力をしておくといいです。

ソフトの買い取りは色々な方法を使えば幾らでも高値にできると考えてください。
下記のようなところも良いかもしれません。

ソフト買取のShop-Y’s

動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]


インターネットを利用してお小遣い稼ぎをしています(^^)v

私は数年前に同じ会社に勤務していた男性と結婚をして、現在は子供も生まれ、幸せな専業主婦をしています。
そして子育てをするにもある程度慣れてきて余裕が出てきたので、余裕がある時間にお小遣い稼ぎをしたいと考えました。
なぜなら今度はいろいろとお金が必要になるので、少しでもたくさんのお金があったほうがいいと思ったからです。(*^_^*)

そこで私は専業主婦でも効率的にお金を稼ぐ方法は何かないかと探していたら、現在においてはインターネットを利用していろいろな方法でお金を稼ぐことができるということを知りました。
インターネットを利用すれば、自宅にいてもすることができるため、専業主婦の私でも問題なくすることができます。

そして私は現在インターネットの仕事をしてモニターやライティングなどの仕事をして月に5万円前後のお小遣いを稼ぐことができています。 ☆⌒(*ゝω・`)ニコッ♪




お店のホームページ出来ました~

大阪芸術大学出身の友人が心斎橋でサラリーマンとして有名な家具などのデザインをしていたんですが、そのデザインの評判がよく、独立して自分でお店を出して1年が経ったそうです。

なかなか売れ行きもよく、百貨店や東京のホテルとの契約もあるらしいのですが、彼女いわく、『個人のお客様の生の声を聞いてデザインしたい』と思っていたらしく最近、大阪市のホームページ制作会社に頼みホームページを開設したそうです。

心斎橋のお店でサラリーマンとして働いていた時代のお客様がお店のホームページを見て、是非購入したいと連絡があったみたいです。

仕事が、かなり楽しいと言って喜んでました。

とっても美人な彼女ですが、当分彼氏は要らないでそうです。

キャリアウーマンだね~。

020

実績3万店超。Eストアーショップサーブ