スポンサーリンク

30代主婦のつぶやき・私らしいスタイル

この歳になると頭の中をいろいろと駆け巡るのは、景気がこれからどう変わるのかということです。決して私の年齢に限ったことではないのでしょうが、若い頃は家庭を持ってたわけでもなく、得た収入は自分の思うように使い、自由な独身時代を過ごしていたから、今ほどの考えはなかったんです。仕事に出なきゃ暮らしていけない、仕事ばかりじゃ自分時間が確保しにくい、給与も頑張った分のそれ相応の対価なんだろうか?と思わずにいられないのです。ひと昔前に職場で社長が「この不景気だ、ボーナスはカットする」の言葉に目玉が飛び出るほど驚いて、悲しかったです。世間では同じ思いをされた方、それ以上にリストラで苦しんだ方々もおられたでしょう、自分はまだ幸せなほうです。ただ、その発言をした社長の暮らしぶりが何も変わらずいまだに毎晩飲み歩いている現実をみると、あまりにも虚しいんですよね。私だったら社員とともに塩水飲みます。

事の発端は消費税ですかね。日本に初めて消費税が導入されたのがまだ私が小学生だった頃で、連日のワイドショーでは怒りに満ちた世間の声に何かしらの不安感を抱いたのを覚えています。自販機のジュースが100円だったのが、消費税3%プラスになったことで何故か110円となり、小学生の自分にはその仕組みも計算も分からず、なんだかとてもややこしいことになったぞ、と漠然と感じていました。やがて5%、計算しやすくなったとはいえ商品は高くなり、貯金のためとせかせか働く毎日、そして容赦なく襲い掛かる8%。「働けど働けど我が暮らし楽にならざり」石川啄木はよく言ったものですね。家庭をもって生活にお金はかかるし、子供にも将来困らないようにしていきたい。報道ではもうすぐ10%という。お給料は変わりません。「もっとパートの数増やすかな・・」

でも私は思ったんです、懸命に働くのもいいけど、仕事に追われて余裕がなければ、身体も心も壊れてしまいます当然。だから、私らしくいるためには現状維持でいこうと。パートはパートで仕事して、空き時間に家庭菜園で野菜作って、いざとなったらご近所さんや友達に助けてもらえるよう普段からいい付き合いしていけばいいんじゃないかって。なんか楽しい毎日になりそうです。
あれれ?これって・・昔ながらの日本の在り方じゃなかったの。
360842s


毎朝のムカつきから解放されたくて・・・

仕事が忙しかった頃、二日酔いでもないのに朝起きると胃が重く、胸焼けやムカつきが毎日続いていました。
病院を受診し胃カメラの検査を受けたところ「逆流性食道炎」と診断されました。
医師の説明では、「胃の入り口のしまりが悪いので胃酸が逆流して食道が少し荒れています」ということでした。
「しかし自覚する症状が強い割には食道の炎症はひどくないです」とも言われました。
そしてタケプロンというお薬が処方されました。
逆流性食道炎の治療ですが服用を始めてから2週間、少し症状は軽くなりましたがすっきりしません。
診察で医師にそのことを伝えると、「逆流性食道炎はストレスも一因になるので何か大きなストレスはありませんか」と聞かれました。
しかし、思い当たるようなことはありません。
たしかに仕事は忙しく生活も不規則ではありましたが、私自身は特に大きなストレスを感じていたわけではありませんでした。
もちろん仕事をしていれば、日々小さなストレスはあります。それは誰にでもあるような程度のストレスです。
医師からはストレスを減らすようにという指導がありました。
その他にも医師からはことなことを言われました。
・脂っこい食事は避ける。
・食後すぐに寝転がらない。できれば2時間程度は座っている。もし横になりたいようなら少し上半身を上げて(30度くらいの角度で)過ごす。
・食事の量は腹八分目にする

私はこの不快な症状から解放されたかったので、医師から言われたことはできるだけ実行しました。
もともと毎日揚げ物を食べたいというタイプではないので、揚げ物はほとんど食べなくなりました。
食事は和食が中心になり、食べすぎることもありません。
残業して帰りが遅くなった日には、食後にゴロっと横になりたいものです。
そんな時にもなるべく座っているようにしていました。
どうしても横になりたいときには座椅子を利用して背もたれを30度くらいにして横になりました。
しかしストレスを減らすということだけはできませんでした。
その当時、ストレスを自覚していなかった私には、ストレスを減らすようにと言われてもどう対応していいのかわかりませんでした。

その後しばらくタケプロンの服用を続けましたが、完全にすっきりすることはありませんでした。
医師からは食道の炎症が特にひどいわけではないのでしばらく服用を続けて様子を見ましょうと言われました。
私はこれ以上服薬を続けても症状が改善しないのなら服薬を続ける気になれず、結局通院するのをやめてしまいました。

その後、症状は一進一退。気にならない程度にまで良くなっても、しばらくするとまた症状が出る。
そんな状態が数年続いたと思います。

そして転職し少し仕事の負担が減ったらからでしょうか、気づけば逆流性食道炎の症状はすっかりなくなっていました。
自分では意識できないストレスがあったのかもしれません。もしかしたら、日々の小さなストレスが蓄積していたのかもしれません。
どんな病気も薬だけでは治らないのかもしれないですね。
生活習慣を整え、ストレスの少ない生活をすることが健康への近道だと思います。


こどもたちのお誕生日パーティー

先日、息子の2歳のお誕生日を迎える少し前に、同じ時期に産まれた友人のこどもたち4人の合同お誕生日パーティーをやりました。
1歳のときもやったので、2回目のお誕生日パーティーです。
パパ、ママ、こどもたちで4家族で12名なので、集まるといつも賑やかです。
1歳のときは、割烹の料亭さんで和食を堪能したので、今回は洋風に、おしゃれなキッズスペースつきのカフェを一ヶ月前から予約しました。
このカフェ、本当にかわいくてカラフルなインテリアがこどもたちの心をわしづかみです。キッズスペースつきのエリアは、ベビーベッドもあるし、可愛いおままごとのおもちゃだったり車のおもちゃや積み木もあって、男女問わず楽しめますし、料理を待つ間や食べ終わってからも遊ばせておけるので、大人もゆっくり食べれるし、予約はいつもいっぱいでとりにくいですがお気に入りのカフェです。

何回か利用していますが、この日はトラブルが。
予約してくれたのは友人ですが、お誕生日パーティーと予約したらその時に、ホールケーキを用意できるので当日お申し付けください、と言われたみたいで当日でいいんだねーと思いながらもスタッフの方にそのことを話すと、「ホールケーキは予約制になっておりまして、今からですとご用意することができません…」と!
がーん。

お誕生日パーティーに、ケーキが無いなんて!とショックをうける大人たち。どうする、どうするとなっているとスタッフの方が、デザートプレートにおめでとうとお名前のメッセージを書いて出すことができると案内してくれました!それなら良い!
ケーキが選べて、チョコレートケーキ、モンブラン、シフォンケーキ、いちごのロールケーキのどれか。ビジュアル的にもいちごが乗っていたら息子も喜ぶので、いちごのロールケーキを選びました。

そして訪れたケーキタイム!プレートがきたー花火のろうそくがパチパチしていていいかんじ!と思ったら、なんといちごが乗っていないのです。
えー!いちごのロールケーキじゃないの?とよくよくみると、ロールケーキのクリームにいちごが練り込まれてピンクのクリームに。そういうことかーい!となりましたが、息子がろうそくをふーと消したり、みんなでハッピーバースデーを歌いながら息子が手をパチパチしたり、ロールケーキをおいしそうに完食したりして、喜んでいてお誕生日パーティーっぽくなっていたのでよかったよかったです。

その後、1歳のときにもやったプレゼント交換をやりました。それぞれ予算(2500円)を決めて用意したプレゼントを持ち寄って、一ヵ所に置いてこどもたちが好きなプレゼントを選ぶ、というやり方なのですが、うちの息子、2つゲットしておりまして、そのまま戻ってきてしまったーと思ったら、人見知りでママから離れられなくプレゼントを取りに行けなかった男の子のところへいき、プレゼントを一つあげていました!優しい!成長したねーと親ばかながら感激したお誕生日パーティーでした。プレゼントはさすが息子、開けてみると大好きなあんぱんまんのおもちゃでした。
また3歳のときにも、みんな元気に集まりたいです。
birthdayparty_girl2


エアコン工事、大阪府も注意を促しています。

最近では、どこの家庭にもエアコンが設置されていますよね。昔では考えられなかったことですよね…
ですが、都会は高層ビルやマンションが軒並み建設されて、暑い夏に、窓をあけて涼むということが出来なくなっています。そんなときは、やはりエアコンが便利ですよね。

また、同時に近年猛暑、酷暑に見舞われて、初夏の時期から、熱中症に注意する必要があります。熱中症を防ぐにも、エアコンは活躍しますよね。

特に、体温の調節機能が衰えている、一人暮らしの高齢者などにもエアコンを使用を薦めている自治体なども多いです。高齢者ですと、暑いと感じなくても、熱中症になってしまうことがあります。

このような背景から、高齢者でもエアコンを使用する方が増えています。高齢の両親の為にと、エアコンを取り付けてあげる方も多いと思います。
そして、このエアコンの普及によって、実はエアコンの工事でのトラブルも多くなっています。このエアコントラブルに関しては、大阪府も注意を促しています。

エアコンの工事代金や、取り付け代金などの相場を知っている方は少ないですよね?しっかりと把握しておかないと、工事代金を騙されてしまうようです。

特に、高齢者ですと、業者に言われるがままに支払ってしまうことがありますよね。疑うことなく、高額の工事代金を支払ってしまって、後から返してほしいといっても言いくるめられてしまいます。

特に大阪でエアコンの工事を依頼するときは、大阪府が注意を促しているので、慎重に依頼する必要があると思います。
大阪でエアコンの工事をする際は、しっかりと事前に相場の料金を把握しましょう。

インターネットやタウンページ上では、相場の料金が書かれていても、追加料金を請求されることがあるようです。その多くは、配管パイプを取り替えたのでということが多いようです。

ですが、この配管パイプは再利用が可能です。エアコンの修理のたびに、交換する必要はないようです。

ですから、大阪でエアコンの工事を頼むときは、追加料金にも注意して下さい


もうすぐ奈良のお水とり (^^)

先日奈良公園に行って来ました。
その日は小春日和で、コートを脱いでちょうど良かったくらいでした。(*^_^*)

久しぶりに二月堂にも上ってみました。
天気が良かったので奈良の街が一望できましたよ。
3月1日から始まるお水とりのお松明の用意がしてありました。
これが始まるとやっと春が来たような気がします。


ガールズチャンネルを見た

何か心配事があるとネットでとりあえずは検索してみるのですが、そうすると何故かガールズチャンネルというサイトに飛ぶことが多いです。
女性は私と同じような悩みをかかえていることが多いということでしょうか。
ただし、私は登録も何もしていないので、書き込みなどはできず、見ることしかできません。
でも、見ていると、ついつい自分だけだと思っていることも、他の皆も頑張っているんだよなと思います。
周りはそういうのを私みたいに隠しているから気付かないだけで、苦労は身近にもあるかもしれないと毎回思います。
ついうわべだけ見てしまいますが、皆のコメントを見て本当に生きるのって苦しいなぁと思いました。
今は、こうやってネットがあるおかげで世の中の声が聞こえるので、これは助かることではないかと思います。
このようなサイトがあるのは、吐きだす機会があるので良いと思います。


花の資格を取って自信になる

1443403710
フラワー装飾技能検定など花の資格はいろいろありますが、資格を取った場合のメリットを考えてみてください。
花に関係する資格というのは、周囲の誰もが持っているものではないんです。
だから資格を持っているということだけで、なにか身近なイベントなどでは、花を飾る担当者として任される立場になれます。
頼りにされるということは、嬉しいことではないでしょうか。
仕事として花を飾るだけではなく、身近な場面でも役に立つ機会がおおくなるでしょう。
人が大勢集まるときに花飾りがあったら、その場を綺麗に彩ることができます。
花の飾り方を学んでいるからこそ、他の誰よりも綺麗に花を飾り付けることができるということです。
基本的な知識や飾り方について、他の人にかんたんなアドバイスもすることができます。
花の資格を取得すると、自宅内で花を飾ることが楽しくなることは間違いないところです。

資格を取得する前には、飾ることに自信がなく、人に見せることに抵抗があったかもしれません。
でも学び始めた時点で、自信を持って飾ることが出来て、人に見せることにも抵抗感はなくなっていくでしょう。
自分に自信を持つということはプラスになり、資格を取得することでの効果は大きくなります。
フラワースクールで資格でも同様で、資格の取得を達成したという事実が、自信になり、いきいきとした生活を生み出すことになります。
1級ならなおさらですが、仮に3級であっても達成感は大きく、実生活の中で活かす機会はでてきます。


最近考えていることについて

最近日常的に考えていることは、自分が毎日成長しているのかということです。
もう40歳近くなり、自分自身が退化してしまっているのではないかと思うことが多いからです。
肉体的に退化してしまうのは致し方ないことだと思いますが、知識や知恵などは、退化しないように心がけていたいものです。
そのために、今でも日頃から本を読むように心がけています。
本を読むことにより、いろいろな考え方を吸収できることになります。
やはり生きているうちはずっと勉強することを心がけていくことが大切だと思います。
また、成長していくためには、年をとっても新しいことにチャレンジし続けていくことが大事だと思います。
自分は今年何ができたかというと、あまり新しく出来たことはないかもしれません、しいて言えば、ネットオークションを開始したということでしょうか。
computer_tablet
いろいろなものを売りに出し、それなりの収入を得ることができました。
新しいことを始めるのに、遅すぎるということはありません。
始めたいと思った時が、始めどきということになると思います。
人間はこれまでいろいろなことに挑戦して、いろいろな文明を作り上げてきました。
これからもいろいろな開発をして、新しい時代を作っていくのではないかと思います。
人間というのは、本当にすごいと思います。
始めは水中生物から進化していき、今の形になっていったのですから、とてつもなく長い時間がかかっています。
生物の進化というのは、本当にすごいものだと思います。
そういったスパンで考えると、我々の一生などはほんの一瞬なのかもしれません。
しかし、その一瞬が積み重なり、大きな流れを作っているのだと思います。
人生において重要な事は、やはり、新しいことにチャレンジしていくこと、新しいものを生み出していくことだと思います。
自分も、これから残された人生において、出来る限り新しいことにチャレンジしていくことを忘れないようにしたいと思います。


前々から興味のあったブログに挑戦!

今は芸能人から一般の人まで、たくさんの人がブログを書いていますよね。
これまでは読むだけで楽しんでいたんですが、自分自身でもブログを書いてみたくなりました。
でも文章なんて書いたことはありませんし、誰か読んでくれるのか、どんなことをテーマに書いたらいいのかなど、いろいろ悩みましたが、とりあえずやってみることにしました。
ブログを書くにあたって、まず無料のブログを作ることから始めなくてはいけなくて、それもどこがいいのか悩みました。
アメブロとかFC2などありますが、私はよく楽天市場で買い物をするということもあって、楽天ブログに決めました。
内容は何気ない日常のこと、子供のこと、節約のこと、好きなインテリアのことなど様々です。
ブログをやり始めた初日で、すでに7名ほどの人が私のブログを読んでくれて、さらにコメントをくれた人がいたんです!
「こんなにすぐ反応があるの?」とびっくりしました。
これで調子に乗った私は、飽き性でありながら必ず1日1回ブログを更新するという作業をもう3ヶ月ほど続けています。
自分が購入して良かったものの記事を書くと、結構読んでくださる人が多く、とても嬉しく思いますね。
ブログを書いている人というのはこういう嬉しさを日々感じながら長く続けているんだと実感しました。
ただ、私のブログの内容にはあまり実生活の写真を載せていないせいか、見てくれる人が急激に伸びるということはありません。
でもちょっと心配症なところもありますから、ブログに個人情報が出てしまうことは避けたいんですよね。
子供や自分の写真を顔がわからないように加工して載せている人もいますが、知り合いからはバレバレになってしまうのが怖くて躊躇しています。
でももうちょっと訪問者を増やすために、そのへんも考えていかなければいけないのかなと感じています。
ブログの背景なども定期的に変更するなど、変化を楽しみたいですね。
今のところブログは私にとって楽しいものであります。
この前天王寺のボーネルンド プレイヴィルへ行ったのですが、その事も早速ブログにアップしようと思っています。


大切にしたい日本の裸の付き合い文化

世界中で伝統的な裸の付き合いというものは、けっこうあるものです。
欧州ではサウナ文化がありますが、フィンランドでは男女混浴になっているのが普通です。
男女とも体を隠さないでサウナに入るというのは、なにか日本の江戸時代の混浴風呂を思い起こさせます。
アジア太平洋地域では、高温多湿の気候なこともあり、人々が裸に近い姿で日常的に過ごす文化が続いてきました。
近年は西洋文化の影響があって洋服を着るようになっても、重要な祭事には裸になるというのは、日本を含めて共通した風習のようです。
日本で裸の付き合いというと、祭りを思い起こすのではないでしょうか。
ふんどしを締めただけの格好の大勢の男が神輿を担ぐ姿は、全国的に見られます。
神社の祭事では禊を行うときにも、男性は裸になって冷たい水の中に身を沈めて、穢れを祓います。
日本で女性が裸を人前に晒す場面は、日本神話の中にも見られます。
天孫降臨神話のときに、巫女であるアメノウズメが、猿田彦大神の前で上半身を露出したという話も伝わっています。
裸の付き合いが今でも最も日本に浸透している、その象徴といえる文化は銭湯です。
見知らぬ人同士が一つの浴場へ集まって、体を綺麗にしたり温まったり、団らんを求めて集まる場所として機能しています。
よく古代ローマの風呂文化と比較をされますが、日本のようなお風呂文化が残っているのは、高温多湿な気候であり、お風呂が欠かせなかったからでしょうか。
現在の日本のお風呂文化は、スーパー銭湯が普及したり足湯が普及するなど、種類が増えて多様化してきました。
しかし一つだけ危惧をされているのは、人口の減少によって古くからある店舗が閉店に追い込まれることです。
戦後には日本各地に老舗銭湯がありましたが、古くからある店舗は、かなり数を減らしているということです。
これも時代の流なのだと思いますが、日本の昔ながらの裸の付き合いの文化は、今後も残していきたいものです。
tatemono_sentou