yes-net 一覧

スポンサーリンク

インターネットでの情報収集から思った事

大抵の事はネットで検索をしたら答えが出てきます。
この間、会社のパソコンで、あろう事かいかがわしいサイト閲覧した方がいらっ
しゃったらしく、ウイルス感染を起こしたパソコンがありました。
そのウイルスは即座に排除したらしいのですが、一点だけどうしても削除出来ずに
困っているとうかがいました。
パートの身分で出しゃばるのもと思い、最初は放置していましたが、広告が作業中に
出るから作業が捗らないと言っていたので、削除するために少しの間貸してもらえる
事になりました。

まず、問題のパソコンに何が起こっているのかを知るため、タスクマネージャーで広
告が出た時に起動したプログラムを特定します。
そのプログラム名と、広告と言うキーワードで検索をしたら、解除方法が山ほど出て
きました。
いくつかサイトを閲覧し、その中で有力そうな解除方法を見つけ、手順通りにやって
いきます。
途中、上級者でないと分かりづらい所もありましたが、それはそれでやり方を検索し
たら出てきたのでどうにかなりました。
そして、検索する時間と、削除作業時間と合わせて1時間ほどで完了し、とても誉め
られました。
知りたい事を調べる前に、何の単語で調べれば良いのかを考える事が出来たら、ネッ
トでの情報収集はとても簡単です。
今回の場合は、広告、ウイルスか、広告を出しているプログラム名、ウイルスの単語
がキーになりました。
また、レジストリを操作する事になったので、レジストリ、ウイルス、プログラム名
のキーワードで、どのプログラムを削除しても大丈夫かを特定し、元々のプログラム
を壊す事なく、その問題のある部分のみの切り離しに成功しました。
類似キーワードとしては、どんな広告が出てくるのか、広告の種類(アダルトサイト
だったり、ポップアップ広告であると言ったもの)とウイルスと言う単語でも、検索
が出来ました。

どれだけの単語を知っているか、どの様な所に異常が出ているのかを判断できるな
ら、初心者がパソコントラブルさえ、ネットの検索で対処が可能と言う事は素晴らし
い事だと思います。
よく、検索方法がわからないと言う言葉を聞きますが、冷静になって、ひとつひとつ
自分の知っている事を検索にかけるだけでも、何か取っ掛かりを発見できる事も多々
あります。
うまくネットにあふれている情報を使って、日々のトラブルや困った事、気になった
事を自分で調べる事が出来る様になれば、パソコン生活は大きく変わり、楽しくなる
と思います。


試行錯誤しながらホームページ制作やwebデザインをしていたことを覚えています

フリーランスとしてwebデザインやホームページ制作とかを受け持っているため、住
まいの近くにあるカフェとかのホームページ制作とwebデザインを受け持ったことが
ありますが、カフェにあった雰囲気のホームページとかデザインとかにしないといけ
ないので、色々と工夫しながら対応していたことを覚えています。

今もそのカフェのホームページは私が管理をしつつ、修正とか更新及びホームページ
のデザインを変更したり、新しいメニューとかが出ればそのことを紹介したりしてい
ます。

そのカフェは私が良く行くところでもあるため、店長の方とかスタッフの人たちとは
顔なじみであり、ホームページ制作とwebデザインのお願いをされたら、断るわけで
にもいなかったので、快く承知してホームページ制作とwebデザインの対応を開始し
た形となっています。

ホームページ制作とwebデザインに対応する際は店長の方とかスタッフの方々と打ち
合わせを何度もしながら、コンセプトを決めたり、ページに載せる内容を細かく検討
しつつ、サイトのデザインとかも話し合いながらだったので、折り合いがつくまで時
間がかかりましたが、互いに納得したところで作業を開始したのであります。

メニューの写真とかは事前に店長の方とかスタッフの方々が撮影をしておいてくれた
ものがあったので、それを使いながら、店舗の雰囲気の紹介とか店舗の外観の紹介、
アクセス方法とかの紹介などの部分は私が引き受け、デジカメなどを使って撮影を行
い、ホームページに使った形となっています。

店長の方もこだわりがあったりする方となっているため、ある程度ですが、ホーム
ページ制作が進みwebデザインとかもいい感じにできたところで一度見てもらい、気
になる部分とかを聞きながら、指摘があれば修正をしていったため、完成するまでに
日時と時間がかかったのは確かであります。

住まいの近くでは人気のあるカフェでお客さんんとかも多く来るところとなっている
ため、おしゃれかつスタイリッシュなホームページとwebデザインにしたいという気
持ちが店長側であったため、それに応えるためにも試行錯誤しながら制作をしていた
ことを良く覚えています。
私もお世話になっているところとなっているので、ミスなどを許されないため、プ
レッシャーもある程度あるなかで、対応をしていたのであります。

良くありがちなことなのですが、完成した後に見つかるバグとかも幾つか実際にあっ
たりしたため、ホームページを公開する日が少しずれてしまったのはほんとに申し訳
なく感じていて、その時のことは店長の方やスタッフの方々も気にしなくていいよと
言ってくれておりますが、私にとっては大きなミスであったので今でも反省はしてい
ます。

ホームページができてからお客さんとかの量も増え、ホームページを見てここに来ま
したという人も増えているので制作に携わることができてよかったです。
今も更新とかレイアウト変更などを頼まれれば協力していて、今後もここのカフェの
ためにも仕事などを頑張りたいと思っています。

https://www.pasokonn.com/


ドイツの思い出、絵本づくりの楽しみ


私は昔ドイツに住んでいたことがあります。
なぜなら、お父さんの再婚相手であるお母さんがドイツ人だからです。
そんな父と母の仕事の関係で、13歳から18歳まで、ドイツで暮らしていました。
ドイツで通っていたインターナショナルスクールでは、色々な人種の人がいました。
アジア人もいないことはなかったのですが、珍しかったらしくすごく注目されて恥ずかしかったのを覚えています。
たとえば、私の目が黒いことにびっくりしたようで、「本当に黒いんだね…」と顔を覗き込んできた人もいました。
別に嫌ではなかったんですけどね。

あと、私はブリーチ剤を5分くらいだけつけて髪を茶色に染めているんですが、それを初めてやろうとしたときにも、クラスの子は「黒いままでいいじゃん」と言ってきました。
でも、私はどうしても染めたかったので染めていったら「あれ、意外と似合うね」と言われました。
やはりアジア系の子は黒髪、というイメージが強いんでしょうか。

仲良くしてくれた子はたくさんいたのですが、やっぱり大変だったのは英語とドイツ語でした。
英語は学校で必須なので、授業でももちろん使わなくてはいけません。
しかし、日本でずっと暮らしていた私は英語を習ったこともなかったので、まずはアルファベットから勉強するはめになりました。
父親も英語ができないほうだったので、ドイツに来てすごく苦労しただろうなと思います。
でも、母は色々な国での仕事の経験がありましたし、日本語もある程度話せるので家族間のコミュニケーションは問題ありませんでした。
また、母はひょうきんで優しい性格なので、つらいことも乗り越えられたような気がします。
ドイツ語もある程度身について、友達もたくさんできましたが、そんなときに日本に帰国することになりました。
私も母も、アートに興味があって、母は今の仕事をしていなければ、芸術関係の学校に行きたかったと言っていました。
私も母も、別にイラストがうまいというわけではないのですが、描くのは好きなんです笑)。
私はドイツのインターナショナルスクールの授業でアートコースみたいなのを専攻していたので、将来はヨーロッパのどこかの美術大学に入ろうかなあと思っていました。

でも、結局母の勤務先が日本になったので、一家で帰国することになりました。
地震のこともあってドイツの友達や親戚から、日本はやめたほうがいいのではないか、と心配されましたが、日本が懐かしかったので行きたいと思いました。
日本では私の外国っぽい名字がまた珍しがられて、進学した美術系の学校ではかなりの質問にあいました(笑)。
実はこういうわけで、と説明すると、みんなドイツに興味を持ってくれて、色々な話をすることができました。
「ドイツ語でこれは何て言うの?」とか、「ドイツでの写真を見せて!」などとドイツに興味を持ってくれる子がいて、嬉しかったです。

学校では課題で絵本を作りました。
ヨーロッパではトロールという存在が身近なので、そのトロールを主人公にした作品を描いてみました。
自分が好きなキャラクターも、トロレットという妖精のような存在なので、トロレットをテーマにして作品を作ったこともあります。
やはりドイツのことを描いた作品も多くありました。
クラスにはドイツを全然知らない子もいて、何とアジアの国だと思っている子まで何人かいたのですが、民族衣装などを知ってもらいたいと思ってイラストを描きました。

クラスの友達には、母が作ったドイツの名物お菓子をふるまったりもしました。
みんな「美味しい」と言ってくれ、嬉しかったです。
その学校を卒業して、私はドイツの方が上司にいる会社に就職することになりました。
これからもドイツと日本の架け橋になりたいと願っています。


憧れの新築住宅、注文して自分たちで作りました。


まずは住宅メーカー選び
新築住宅を建てるまでに2年ほどあったので住宅展示場や様々なハウスメーカーさんを見てまわりました。
たくさん見て回ることで部屋の配置や内装、外壁などかなりの知識がつきました。
坪単価いくらになるか必ず質問して、ここのハウスメーカーはこの装備でこの値段は割高だ、ここは安いハウスメーカーの割に使っているものも悪くない、など自分たちなりに判断が出来るようになっていきました。
そして色々天秤にかけることでどのハウスメーカーさんが自分たちの要望に一番応えれるかもわかりました。
最終的に選んだのは地場の工務店さんでした。
社長さんが某有名高級ハウスメーカーの出身でノウハウがあり、制約がなくこちらの希望をフルに聞いてくださること、某ハウスメーカーで建てるよりほぼ同条件で約2割コストカットして建てれるとのことからでした。
確かに大手のハウスメーカーと比べると保証はないのですが、コストや当時あまりなかったステップフロアが出来るのは魅力でした。

設計と内装外装選
設計は主人が強いこだわりを持って考えました。
主人はガレージ、スキップフロア、吹き抜け、広い玄関、屋根裏部屋を希望、私は広いリビングと対面キッチンを希望していました。
こちらの要望である程度設計したものを、採光、強度など一級建築士さんとの相談で調正をしてもらい、時間はかかりましたが細部まで納得の行く作りをしてもらったと思いす。

内装は二人でかなり悩んで決めました。
外壁の外から一番見える場所は石のタイルを張り、玄関もタイル張りにしたので高級感はかなり出たと思います。
見えない裏側は塗り壁で、内装も見えないところはクロス張りにしてあります。
クロスも目につく場所やお客様をお通しする部屋には布クロス、トイレなどお手入れや頻繁な掃除が必要な場所には濡れても大丈夫な素材を使用。
天井は白いクロスを使って広く見せるように工夫しました。
物が出ていると生活感が出るので収納もたくさん作ってもらいました。
階段下収納はもちろん、パントリー、ウォークインクローゼット、キッチンも収納をたくさん付けてもらいました。

これは使ってみて本当に良かったですし、もっとあっても良かったと思います。
私の一番のお気に入りの内装は、キッチン、玄関、脱衣所に一カ所づつモザイクタイルを入れてもらっているのですが、それぞれコンセプトがあり色や形を変えてあります。
特にお勧めは玄関の脇、全身鏡の隣に入れてある白地に光沢のあるモザイクタイル、これは光の反射でキラキラ輝いて見え鏡に映った自分を見るときにもいいですし、玄関なのでうちに来て見る人みんな可愛いと褒めてくださり大満足です。
主人のお気に入りはもちろんガレージ。
車大好きな夫なので、週末時間があればガレージにこもり音楽をかけながら大好きな車をいじったり眺めたりしています。


出産&妊娠ラッシュのかげで思うこと


最近まわりが出産&妊娠ラッシュでとてもびっくりしています。
特に多いのが結婚から2年くらいたった夫婦と結婚後すぐにできてしまった夫婦。
2人目不妊に悩んでいた友人と次々に出産の報告をもらい嬉しいかぎりです。
自身はなかなかさずからずにいるのでまわりでこんなにも出産&妊娠の報告があると嬉しい半面本当にびっくりしてしまいます。

まず妊娠報告の夫婦からですが、この夫婦は結婚して間もないので特に子どもをのぞんでいた訳ではないそうです。
体調不良が続きおかしいと思っていたら妊娠が発覚。
特にのぞんでいはいなかったけれど欲しくない訳ではなかったのでそのまま産むことにしたそうです。
両家にとっての初孫。
自分たちよりも両親の方が喜び、今からはりきっているそうでそれはそれでよかったなと思っているそうです。

そして出産報告の友人は一年くらい不妊に悩んでいました。
不妊といっても治療をしていたのかな?と思い話を聞いてみると病院にはいかずあくまで自己流だったそうです。
自己流で一年もよく頑張ったなと思いますが、最初のうちは病院にいくことはハードルが高いのかもしれません。

私は子どもを意識しはじめた時に、婦人科を受診し異常がある部分は手術をして改善してきました。
もちろん夫婦で検査も受けています。
こちらのほうがよほど不妊治療について勉強も情報収集もしているのですが「授かる為の方法」を熱心に語ってくれました。
「あなたもはやく授かるといいね」という言葉には少しビックリしましたが不妊治療は経験しないと想像もつかないでしょうからそこは笑ってごまかしました。
何より生まれて来たお子さんは何も悪くないですしね。
素直におめでとうという言葉を返しておきました。

そして、最後は2人目不妊に悩んでいた友人からの報告。
彼女の場合は今までの友人とは違うところがありました。
妊娠の報告は一切なしでいきなり出産報告だったのです。
1人目を出産した後に数年して妊娠しましたがお腹で育つことができなくなってしまったということを聞いていたので今回も無事に生まれてくるまでずっと不安との戦いだったのではないかと思いました。
無事に二人目出産の報告をうけてこちらもほっとしましたし、とても嬉しい気持ちになりました。

これらの話をきいて夫婦の数だけそれぞれの妊娠や出産のエピソードがあるなと感じました。
授かる人と授からない人の差はなんだろうと悩む時期もありましたがきっとこの時期もいい思い出になる日がくるだろうと信じています。


結婚式でのレンタルドレスの金額に驚き


私は自分の結婚式でのドレスをレンタルしました。
結婚式場からの紹介のドレスショップにてドレスを選びましたが、たくさん種類があり金額もピンからキリまで様々でした。
もともと予算は決めていて、ドレスの形もある程度決めていたので思った程時間はかかりませんでしたが、ウエディングドレスだけでこんなに種類があるとは思いませんでした。

また金額にも驚愕し、たった1日借りるだけでこんな金額が発生するのには本当にびっくりしました。
安くても10万円からで、高いクラスの有名デザイナーや人気ブランドになると50万円以上のものもあり、予算を決めずにデザインから入ってしまっては決まらないと確信しました。
カラードレスもたくさんの色・種類があり、ウエディングドレスと同様に金額がピンからキリまでありました。
買ったら一体どんな金額になるんだろうと思いましたが、知人に聞いたらほぼレンタルドレスと同じ金額で購入できるとのことでした。

それには本当に驚きました。
さすがに収納場所もなく、手入れや着る機会がないので購入する予定はありませんでしたが、同じ金額でレンタルすることにばかばかしく思ってしまいました。
レンタルだと自分より前に何回も着ているもので新品でもなく、はたして新たな出発の日に着るものなのかとも思えました。
さすがにスタッフに文句を言えるはずもなく、気に入ったデザインのドレスを借りて着ましたが、金額については疑問が残りました。
販売ドレスもレンタルに比べて店舗も少ないようなので、これからは販売ドレスの店舗を増やして花嫁が新品なドレスを着て結婚式を挙げられる日が来ればいいなと思います。


初めての気功治療体験

初めて氣功を体験したのは主人が病気になってからでした。
さいわい病気は治ったものの、いつ再発するかはわからない状態でした。
そんな時、友人から数件の氣功の治療をしていただける病院を紹介されました。
初めでお電話した病院は今から予約しても2年半待ちですと言われ、それまで氣功になんの知識も興味もなかった私は正直驚きました。
もう一つ教えていただいたところにお電話すると、そちらは幾分か市街からは離れているせいかすぐに予約がとれました。
行くには2時間とかかる場所でしたが、健康には変えられないので、正直氣功というものにも半信半疑でしたが行ってみました。

最初は体のバランスや私の体調などをお話ししました。
私は左右のバランスがずれていて、子宮も傾いているとのことでした。
それから治療が始まりました。
治療は私から1mくらいはなれたところに先生が立たれて、私のほうに「えい!!」「はっ!!」と言いながらなにかパワーを送られているようでした。
最初は正直うたがう心もあり、何も感じず、何をされているのかもわからず、別段の変化もないような気がしましたが、そのうちにだんだんと体が熱くなるような感じでした。

そのようなことがしばらく続き、別段私の体に触れて治療なども何もありませんでした。
治療は思いのほか短く、20分程度で終わりました。
正直、えっ!もう終わりなの?と思うような感じで終わりました。
ですが、終わった後と前では姿勢がよくなり、血行もよくなった感じで、体のバランスもよくなっているようでした。
帰り道、何か激しいスポーツをした後のような疲れと、急なものすごい睡魔に襲われ、車を止めて1時間ほど仮眠をとりました。
そうするとすっきりとした感じに戻りました。
先生のお話によると2週間もすればもとの体に戻ってしまうので2週間ごとに治療をというお話でした。

今までは氣功はちょっと胡散臭いようなものだと思っていましたが、実際に受けてみないとわからない不思議な感覚のものでした。


剛毛な私の脱毛ライフ


女性の皆さんなら誰もが気にする、毛事情。
脱毛したいけど、どこでやったらいいんだろう。
サロンがいいの?病院がいいの?迷われる方も大勢いると思います。
そこで、私の体験談も交えながらお話ししたいと思います。

私はかなりの剛毛で、毛の処理には苦労した1人です。
剃る事から始めましたが、服から出る部分に関しては毎日処理をしないと生えてきてしまう程でした。
そこで、学生の頃、脱毛をしたいと思い始めバイトもしていなかったのでまずは安いサロンに通ってみました。
一回の処置で薄くなるだろうと期待を込めて行ったのですが見事に期待は裏切られ剃っている時と同じ状況になりました。
通うのも親のお金。
今は我慢だと思い学生の頃はそれで終了しました。
就職してからは、毎日仕事に慣れることでいっぱいいっぱいでそんな事も忘れており、入職して数年経ってからふと脱毛の事を思い出しました。
まとまった貯金もでき、医療脱毛が可能になったので近くの皮膚科に通ってみました。

全脱毛のコースを選択し(確か1回15万位したと思います)いざ照射。
毫毛のせいか光りがあたるごとに痛くて痛くてびくっとしていました。
翌日は見事に筋肉痛。
それでも、毛をなくしたい思いから次までは頑張ってみよう!と思い2回は全身脱毛コースで頑張りました。
2回目も見事に筋肉痛でしたが。
そんなこんなで、辛い思いをしてまでも挑んだ全身脱毛。
高額のお金もあっという間に飛んでいきました。

毛の変化としては、薄くなりました。
しかし、その後に結婚、出産。
妊娠でホルモン関係が変わったせいか産毛ラインがくっきりと濃ゆくなってしまい泣きそうな思いをしました。
無事に出産を終え育児も落ち着いてきた今、色々とリサーチを重ね某美容クリニックでの全身脱毛に再度チャレンジしています。

クリニックのスタッフの対応もピカイチですし、値段も以前の 通っていたクリニックに比べるとお安め。
しかも、効果が目に見えて分かるのです。
施術中の痛みも殆どなく、少しウトウトする余裕ができるほどです。
回数コースで申し込み、あと2回残っていますが今では殆ど処理をしなくてもいいほどにまでなっています。

夏直前。
毛の事を気にせずに、ノースリーブやショートパンツが履けるようになるなんて昔のわたしが見たら拍手ものです!
自分に合うクリニックを見つけ、効果が得られたことに大満足しています。
また、今は同時にノーファンデーション肌を目指しており顔のピーリングやビタミン剤の内服も行っています。
女性に生まれたからには、年老いても輝いていたいと思う今日この頃です。


ハーフティンバーの太鼓丸太を求めて色々探し回りました。

我が家のデザインを決定づけたのは、家族で伊豆の修善寺にありますテーマパークに行った時でした。
イギリス村として、イギリスの民家が建ち並ぶその建物を見た時です。
1階の外壁は、クラシカルなレンガタイルが貼られ、2階からの壁は色の漆喰壁をベースに自然の木材を装飾材として使用している建物でしす。
見るなり家族に同意を求め、その時が我が家のデザインが決定した瞬間でした。

【工務店探しから始めました】

イギリス村にあった、民家を建ててもらえる工務店をどのようにして探すか検討した結果、先ずはインターネットで色々と検索してみました。
また、ショッピングセンターに行った際は書籍コーナーに立寄り、輸入住宅の雑誌から実例写真を探しました。
数社に絞り込みまして、それぞれの工務店にイギリス村の建物の写真を見てもらい、建物のイメージを伝え、また希望する間取りの要件も伝えました。
そして、数社から提出されてきたプレゼン内容を見て、愕然としました。
どの工務店の無垢の木では無くコンクリート系の建材を使用したものでした。
理由を聞きますと、外壁に無垢の木を使用しても腐ってしまうとの共通した理由でした。
しかし、実際に修善寺のテーマパークで見た私はそんなこと言っても実際に建っている建物がある訳だからと思い、諦める事ができませんでした。
すると、インターネットでハーフティンバーのイラスト画かある工務店を見つけました。
そして、その工務店にイギリス村の話をしましたら、その工務店の社長さんも同じ建物を見たことがあり、なるほどと共感していただきました。
そしてプレゼンまで少し時間を下さいと言われたその工務店の社長さんのプレゼンは民家に使用する太鼓丸太をスライスして貼ってみましょうとのアイデアーでした。
私は既に私の中で決まっているデザインが可能と聞いたわけですから、当然テンションがあがり、ノリノリで社長のアイデアーに賛同しました。

【材木屋で太鼓丸太を探し回りました】

その工務店と契約してからは、プランニングの決定も早くあとは外壁のハーフティンバーとなる丸太を決めるだけになりました。
そこだけはどうしてもこだわりたかったので、自分も材木屋さんに行って探してもいいか聞いてみたところ、快く了解してもらい、社長と共に材木屋さんに行きました。
今ある在庫からいいのが見つかればいいのだけどと、材木屋さんが色々案内してもらいましたが、ピンとくるものが見つかりません。
なんとなく修善寺で見たものとは違ってました。
そして、写真を材木屋さんに見せたところ、これは問屋に行けばあるけど、見に行くかい?との話でしたので、ここまでこだわったわけですから、返事は行きますとの返事で材木問屋さんまで行きました。
問屋に行きますと、材木屋さんがこれなんじゃない?っと本当にイメージ通りの曲がりの太鼓丸太を見つけてくれました。

【自慢のイギリス村の建物が出来上がりました】

そうして、こだわりを持った建物が完成した時の喜びは家族中が幸せの笑顔でした。
そして、最近では近所の目印的な存在になり、あのイギリス風の建物から何件目と言われる始末です。
そして、我が家をみて素敵な家っと振り向いてる人を見かけると、思わずにっこりしてしまっています。


シックハウス症候群に対する対策とは?


シックハウス症候群をご存知でしょうか?
シックハウス症候群とは、化学物質等が使用された住居の中で生活をしていると、知らない内に人体に悪い成分を吸い込み、健康に影響を及ぼしている事です。
症状としては喉の渇きや、目がちかちかしたり、湿疹が出ると言われています。
特に人体への被害が心配される主要な化学物質としてはホルムアルデヒドが挙げられます。
これらは接着剤などに含まれており、家の中で生活する中で自然と吸ってしまっています。
現在の日本ではひと昔前に認知され、ある程度規制がされているので、過敏になる事はありません。
しかし、人体への被害も個人差がある為、全く影響が無いとは言いきれません。
また、ダニも健康被害を及ぼす事からシックハウス症候群の原因と言われています。
ダニは、咳や皮膚炎などを発症させます。

・私たちができる事
まずは、今からできる事として、家の喚起を良くする事が大切です。
今の日本は、鉄筋・コンクリートの住宅が多く、部屋によっては窓がなかったりと、締め切った状態の事が多く、十分に喚起できていない事が多いです。
普段からできるだけ部屋を喚起をし、また家を購入したり、賃貸で借りる時は、窓の数なども見ておいた方が良いです。
また、リフォームを行う前に、しっかりと健康被害の事も考慮に入れた材料探しを行うべきです。
全てを業者任せにするのではなく、自分の体を守る為には積極的に設計を担当される方などと、話し合いをして下さい。

ダニに関して言えば、こまめな掃除、使用する布団をコマめに干すなどしてできるだけダニの数を減らす事が重要です。
またダニは湿度の高い所で繁殖しやすいので、できるだけ湿気を取り除くなどの工夫も必要です。

こうした問題がある中で、人生のほとんどを過ごす家の中ですから、少しでも安全に生活ができる様、意識して生活する事が大切と言えます。
完全にシックハウスの原因となるものを取り除くのは難しいですが、ちょっとした意識をするだけで、だいぶ快適な空間での生活が可能です。