趣味 一覧

スポンサーリンク

コンタックスT3を売ってT2を買ったときの話し

私はフィルムカメラが好きで、よく新宿の中古カメラ店巡りをしていました。当時はコンパクトカメラ全盛期でコンタックスのT3というカメラが発売されたばかりで話題になっていました。このコンタックスT3はT2の後継機で実はこのT2が私は欲しくて欲しくて探し回っていたカメラなのです。このカメラはカメラ女子の間ではとても人気の機種で、当時のカメラ雑誌に特集されていた女の子が写したおしゃれな写真が撮れるカメラとしていつも掲載されていました。

当時私はこのT2を探していたのですが状態のよい物が見つからず、探すのに疲れてしまっていて発売されたばかりのT3を新品で購入したのです。シルバーチタンのボディーに黒のデザインがとてもかっこよく、T2よりもひと回り小さくなってスタイリッシュなよいカメラでした。実際の操作もシンプルでありながら高機能、高級コンパクトカメラと言われるに値する秀品でマニアの所有欲を満たしてくれるカメラです。これを手に入れた私は嬉しくなって身近な雑貨や近所のなんてことのない景色などを撮影して楽しんでいました。そんな時あるカメラ雑誌に発売されたばかりのコンタックスT3とT2を比較した特集が組まれていたのです。その検証記事の中にプロにカメラマンのコメントがありT2のノスタルジックな写りはT3には表現できないとありました。私はその比較写真を見て納得しました。

T3はエッジの効いた写りで確かにハッキリくっきりのよい写り。対するT2はなんとも柔らかくそれでいて甘すぎないピリッとしたところがある。私は買ったばかりのT3を見ながらやっぱりT2が欲しいと思ってしまったのでした。そう思ったらもういてもたってもいられません。よく行く新宿の中古カメラ店に次の日買ったばかりのT3を持って向かっていました。お店のショーケースを覗いてみたらそこにはほぼ新品のT2があるではありませんか。迷うことなくお店の店員さんにT3を買い取ってもらってT2を買いたいということを伝えました。店員さんは驚いて「いやいや、T3は出たばっかりのカメラですよ。なぜわざわざ前モデルを買うの?」と聞かれました。

経緯をお話ししてもよかったのですが上手く説明できないと思い、とにかくT2が欲しいということでT3を下取ってもらい念願のT2を手に入れました。

買取価格でT2を買ってお釣りがもらえました。店員さんは最後まで本当にいいの?と確認していましたが後悔はありませんでした。手に入れたT2はT3よりも少しどっしりとして横幅が大きく、被写体を前に構えると安定した状態でシャッターが切れます。本当に欲しかったカメラを手にすることで更に写真を撮ることが好きになり、それから私はこのT2と共にたくさんの旅に出て、たくさんの思い出を移して来ました。今も手元にはT2がいます。フィルもカメラはもう骨董品になってしまっていま すがこれからも私はT2で写真を撮り続けます。


売りたいカメラを買取してもらう際は慎重に動きましょう

カメラ買取は実績が多く名が知られている専門店を利用するのがおすすめであり、経験豊富な専門スタッフや鑑定の専門家の方に対応してもらったほうが適切な買取査定を受けることができるためであります。

カメラ買取は状態がよく年式とか型番によってですが査定額も異なったりしているため、保存状態が良いものを出したほうが高額で買取してくれることが多いです。

買取については実店舗以外にも宅配買取とか出張買取をしてくれる業者を利用するのも良いのだけど、業者とかはピンからキリまであるため、色々とトラブルなどもおきることがあり、実店舗の利用をしたほうが安全性も高いです。

最近ではフリマアプリとかを利用してカメラを出品して利用者の方に買取してもらうという方法もあるけど、こちらは最終的な手段としてとっておいたほうが良いです。

オークションとかに出せばすぐに落札されることもあるけど、まずは実店舗で買取してくれる専門店にもっていき、査定を受けて見て、納得がいくなら買取してもらい、それでもだめなら業者とかの利用をしてオンラインでの査定を受けてみるのもおすすめです。

業者利用をしても納得のいかない査定であったりしたらフリマアプリとかオークションを利用して様子を見てみるというのが良いかと思いますため、参考にしてもらえればなと思います。

カメラ買取の時に査定を上げるためのコツについてはやはり状態の良さ、付属品とかがしっかりとあることとか、取扱説明書なども大切になってくるため、きちんと全て用意できているかどうかも大切となります。

当時、購入した時とかに入っていた箱などもきちんとあると査定額が上がることもあったりするので、売りたいカメラがある時は全てものが揃っているかどうかの確認もしっかりとしておくことも重要です。

レアなカメラとか希少価値があるカメラなどは保存状態などにもよりますが、かなりの査定額で取引されることもあるため、魅力的な部分もあったりします。

カメラ買取とかをしてもらう時に査定額をあげてもらえるコツとかについてはインターネットを使えば、情報を確認することもできるので参照してみるのもおすすめです。

しっかりと稼働するカメラであれば円滑に買取をしてもらえるので売りたいカメラがある時は必ずですが動作確認とかはしっかりとしておくようにお願いします。

状態が多少微妙であったとしても買取をしてくれることが殆どですが、査定額は多少ですが下がってしまうということは認知をしておき、無理に査定額をあげてもらうような交渉なども控えておいたほうが良いです。

ルールやマナーなどを守りながらカメラ買取をしてもらうということが大切なので、売る側の方もそういった部分はきちんと把握をしておき、円滑に取引ができるように努力するのも大切です。

最初のほうにも言いましたが、カメラ買取をしてもらいたい時は最初は買取とかをしてくれる専門店とかに持っていき、査定に納得がいかないなら業者とかを利用してオンラインで買取をしてもらうか、最終的な手段としてはオークションやフリマアプリとかで出品して対応してもらうと良いです。

https://jshcamera.com/shop/


フォトエッチング教室に行って来ました

最近、フォトエッチングの教室に行って来ました。

聞きなれないかもしてませんが、ガラスや金属プレートに文字や写真を彫り込んでくれて綺麗な仕上がりになるものです。
最近ではよく名勝史跡の看板が銅板でプレートに書いてあることがありますが、あの文字や写真はこのフォトエッチング加工という技術で出来たものなんですよ。

この加工はマニア?の間では自分の家でも楽しんでいる人がいて、僕もネットを見て独学で楽しんでいました。
でも簡単な文字はガラスに彫りこめるものの、本格的な絵柄や写真などという高度なものは方法もわからず・・。
ネットでは成功している人もいるんですが、方法がよくわからなくて出来ませんでした。
困っているとちょうどエッチング加工全般を教えてくれる教室を見つけました。
技術的なことを教えてもらえるのかはわかりませんが、専門家の人に一度話を聞いてみるのも良いかなと思いました。
ただ見つけられたのは1つだけ・・。
軽い出張気分で電車を使って泊まりがけで行って来ました。

教室では小学生くらいの子供から僕と同年代の人、お年寄りまでいろんな人がいました。
興味のある人たちがいっぱいあるんだなぁとちょっと嬉しい。
教室ではまず簡単なガラスエッチングを自分で作ってみるところから始めました。
ガラスには自分で彫っても出来ます。
子供だとこういうものから自分のお絵かき気分で出来るので良いですね。
最終的に自分の絵がガラスに綺麗に描かれていて満足げです。

次は少しレベルが上がり、ガラスに綺麗な文字を腐食という工程を経て彫り込む作業です。
A、B、Cが書いてある定規を使って、エッチング用の用紙に文字を書きます。
これをガラスに貼って、エッチング液を塗ります。
しばらく待つとガラスに文字が浮かび上がってくるので、細かいやすりで削って出来上がりです。
使ったことの無いエッチング液だったので、これは自作の参考になりました。
教室はここで終了。
作ったグラスはお土産として持って帰ってみんな満足そうでした。

教室が終わって、いよいよ先生に僕が悩んでいる工程を聞いてみました。
先生も個人的に楽しんでいるそうです。
先生が使っているのは市販のエッチングキットだそうです。
そんなキットがあるとは知りませんでした。
そのキットには金属とガラス両方に対応したレジストシート(絵や写真を印刷するもの)などが入っていて、インクジェットプリンタでも出来るそうです。
実際に自分で作った金属プレートの写真を見せてもらいましたが、まさに僕が求めている写真入りのプレートです!

いつでも質問していいですよとメールアドレスを交換して終了。
さっそくこのキットを買って、今挑戦中です。
工程で少しわからないところは先生に聞いて行って頑張っています。

まだ文字だけですが、これまでより格段に細かい文字が彫り込むことが出来るようになりました。
写真への光明が見えてきたので頑張って作ってみます。


花の資格を取って自信になる

1443403710
フラワー装飾技能検定など花の資格はいろいろありますが、資格を取った場合のメリットを考えてみてください。
花に関係する資格というのは、周囲の誰もが持っているものではないんです。
だから資格を持っているということだけで、なにか身近なイベントなどでは、花を飾る担当者として任される立場になれます。
頼りにされるということは、嬉しいことではないでしょうか。
仕事として花を飾るだけではなく、身近な場面でも役に立つ機会がおおくなるでしょう。
人が大勢集まるときに花飾りがあったら、その場を綺麗に彩ることができます。
花の飾り方を学んでいるからこそ、他の誰よりも綺麗に花を飾り付けることができるということです。
基本的な知識や飾り方について、他の人にかんたんなアドバイスもすることができます。
花の資格を取得すると、自宅内で花を飾ることが楽しくなることは間違いないところです。

資格を取得する前には、飾ることに自信がなく、人に見せることに抵抗があったかもしれません。
でも学び始めた時点で、自信を持って飾ることが出来て、人に見せることにも抵抗感はなくなっていくでしょう。
自分に自信を持つということはプラスになり、資格を取得することでの効果は大きくなります。
フラワースクールで資格でも同様で、資格の取得を達成したという事実が、自信になり、いきいきとした生活を生み出すことになります。
1級ならなおさらですが、仮に3級であっても達成感は大きく、実生活の中で活かす機会はでてきます。


前々から興味のあったブログに挑戦!

今は芸能人から一般の人まで、たくさんの人がブログを書いていますよね。
これまでは読むだけで楽しんでいたんですが、自分自身でもブログを書いてみたくなりました。
でも文章なんて書いたことはありませんし、誰か読んでくれるのか、どんなことをテーマに書いたらいいのかなど、いろいろ悩みましたが、とりあえずやってみることにしました。
ブログを書くにあたって、まず無料のブログを作ることから始めなくてはいけなくて、それもどこがいいのか悩みました。
アメブロとかFC2などありますが、私はよく楽天市場で買い物をするということもあって、楽天ブログに決めました。
内容は何気ない日常のこと、子供のこと、節約のこと、好きなインテリアのことなど様々です。
ブログをやり始めた初日で、すでに7名ほどの人が私のブログを読んでくれて、さらにコメントをくれた人がいたんです!
「こんなにすぐ反応があるの?」とびっくりしました。
これで調子に乗った私は、飽き性でありながら必ず1日1回ブログを更新するという作業をもう3ヶ月ほど続けています。
自分が購入して良かったものの記事を書くと、結構読んでくださる人が多く、とても嬉しく思いますね。
ブログを書いている人というのはこういう嬉しさを日々感じながら長く続けているんだと実感しました。
ただ、私のブログの内容にはあまり実生活の写真を載せていないせいか、見てくれる人が急激に伸びるということはありません。
でもちょっと心配症なところもありますから、ブログに個人情報が出てしまうことは避けたいんですよね。
子供や自分の写真を顔がわからないように加工して載せている人もいますが、知り合いからはバレバレになってしまうのが怖くて躊躇しています。
でももうちょっと訪問者を増やすために、そのへんも考えていかなければいけないのかなと感じています。
ブログの背景なども定期的に変更するなど、変化を楽しみたいですね。
今のところブログは私にとって楽しいものであります。
この前天王寺のボーネルンド プレイヴィルへ行ったのですが、その事も早速ブログにアップしようと思っています。


絵画制作が私の趣味です。

ごく一般的な方が絵筆を取り、絵を描くいうのは、なかなか少ないことかもしれません。

小学校や中学、高校など、学校を卒業してからは絵を描いていない

といった方の方が圧倒的に普通であると思います。

絵画の場合、日本では特にうまいか、下手かといった見方が

中心になってしまうため、例えば、楽器を始めるといったような気軽な趣味には

ならないようです。

私は現在、40代前半なのですが、絵画制作が趣味です。

物心ついてからというもの、絵を描くことが大好きで、

落書きレベルのものも合せ、高校生までは毎日のように絵を描いていました。

大学時代も絵を描きつづけ、社会人になってからもよく絵を描いています。

小学生、中学生時代は水彩画が中心でしたが、高校時代は油絵を描いて

いました。しかし、油絵は乾くまでに時間がかかるのと、

あの独特のにおいが苦手で、大学時代から今に至るまで、

ずっとアクリル絵の具を使って絵を描いています。

アクリル絵の具は乾きがとても早く、水彩画のようにも油絵のようにも

描くことができ、水に溶かして使える便利な絵の具です。

以前は家族や友人といった、周りの一部の人にしか自分の絵を

見せたことがなかったのですが、最近ではよくフェイスブックなどを

使ってアップしているため、広く自分の描いた絵を多くの方々にも

見せることができ、大変楽しく思っています。

自分の描いた絵にコメントをいただいたりすると、絵の制作活動の励みにもなります。

私は絵を自分で描くことだけでなく、観る方も大好きです。

学生時代はよく都内の美術館へ展覧会を観に行ったものですが、

今は地元の美術館で絵画展の催し物があると、なるべく行くようにしています。

他の作家の絵を見ていると、普通の方なら、飾った場合にインテリアとして

どうかと考えてみたり、単純に癒されたりもするのでしょうが、

私の場合はどうやったらその絵を自分でも描けるかという視点でどうしても見てしまいます。

私のこうした趣味は、一生続きそうですが、今後もなるべく多くの作品を

生み出していければと思っています。

最近では絵画リースなどを利用してクリニックなどにも絵画があることが

多いようですが、絵画がもっとたくさんいろんな人に親しんでもらえれば

いいと思います。


絵画のレンタルについて

絵画のレンタルは絵画を期間に応じてレンタルしてくれるサービスです。
絵画があるという事でその場所の付加価値をあげる事ができます、
企業であれば応接室に絵画を飾っておくだけで、得意先の方の印象も
変わってくる可能性があります。
他にも病院の院内に飾っておけば、そこにくる患者さんや関連業者の方々の
病院に対する印象やその方たちの(*^_^*)安らぎにも繋がります。
購入すると高額になる絵画を業者や作品、期間によっても異なりますが、
月額1000円位からでもレンタルが可能です。
個人の方の趣味でも、複数の方との関わりのある企業などの場合にも
手軽に品性と知的なイメージを得る事がリーズナブルに可能になります。
絵画のレンタル業者には幾つもの種類の絵画が用意されており、
サイズや金額も多くあるので、使用の用途や部屋の間取り飾る位置等に
合わせて自分にあったり物を選ぶ事が可能になります。
高額な知名度の高い絵画も絵画のレンタル業者によってはレンタルする事が
可能です、その際にはレンタル料ももちろん(^_^;)高くなりますが、
その絵画を見る人の反応も変わってきますし、絵画のわかる人からは
高い評価好印象を得られる可能性もあります。
絵画自体を購入する前の(*^^)vお試しという事でも利用できます。


パソコンは修理して使い続ける事が多い

家電という物は大抵の場合、壊れるまで使い続けている
はずだ。そうでもないのに買い換えるのは余程のお金持ち
に限られると思う。

また、物によっては修理して使い続ける場合もあるだろう。
私自身、メーカーに頼んでパソコンの修理をしてもらった事が
何度かある。

パソコンは他の家電とは違い、データが沢山詰まっているので
簡単に捨ててしまう事が出来ないのだ。
前もってデータをバックアップしておけば良いのだが、やはり
面倒臭くて後回しにしてしまう事が多い。(>Δ<`*)

今度やろうと毎回思い続けた結果、パソコンに不具合が発生
するのだ。
電源をオンにしたらピープ音が鳴り続けて、どのキーを押しても
反応しないなんて事もあった。Σ(*゚Д`;) 

修理をする時には当然修理代が必要になるが、パソコンの
購入時に長期保証に加入していると修理代が無料になる。
その期間はそれぞれのサービスによって異なるが、概ね
5年の所が多い。

数千円の加入料を支払うのが得かは何とも言えない所だろう。
ただ、この期間内に不具合が発生する可能性は経験上高い
と言える。

パソコンの修理で最も多いと思われるのがキーボードの交換
だろう。ここは最も使われる部分だし、構造上どうしてもホコリ等
のゴミが入りやすくなっている。そのためキーを押しても反応
しなくなる等の問題が生じやすいのだ。

これは特定のキーの部分のみを交換するのではなく、キーボード
全体を新しい物に代えるのが普通だ。
交換は個人でも可能だが、失敗する可能性が高いので業者に
任せておこう。


ホームページ制作にはHTMLの知識が必要です

私は自分のホームページを作るのにホームページ制作ソフトを使わず、

手打ちでHTMLを入力して作るようにしています。

zei_etax

私のパソコンはマックなので、ホームページビルダーなど、

便利なソフトを使うことができなくて困っていました。

ホームページ制作にはHTMLの知識が必要だと痛感しました。

私はアメリカに住んでいましたので、

アメリカのAT&Tをプロバイダーとして使っていて、

そのAT&Tから与えられたホームページの容量を

使ってホームページを作りました

とてもシンプルに作ることを心がけて作りました。

ホームページは何度も訪問して欲しいので、

派手なトップページはやめて、極々シンプルなデザインにして、

訪問しやすいサイトにすることにしました。

オープニングページにはMIDIの音楽を付けてボタンを

設置してそこから各ページに飛ぶことが出来るようにしました。

私のホームページはコンテンツが多いので、

かなり複雑な構造になってしまいましたが、

見る側からするととてもシンプルなのです。日本に帰って

来てからもアメリカのAT&Tのホームページを使っていました。

当時は電話回線でインターネットに接続していましたので、

アメリカのAT&Tに電話回線で接続して

ホームページをアップしていました。

ホームページ制作には充分なHTMLの知識がありましたから、

アップデートするのにも余裕がありました。

そのうちにAT&Tがホームページのサービスを

中止するということになって、

自分のホームページを維持するために、

ドメインを取得してそこでホームページ制作をすることにしました。

しかし、すべての情報を再構築させることが出来ず

今は休止状態になってしまっています。

もっと簡単なホームページ制作ソフトが手に入れば簡単

ホームページを作ることができそうですが、

ソフトを持っていないので、自分が持つ知識だけで

作成しないといけないのでまだまだ時間がかかりそうです。

ホームページをアップしたらまた楽しい話がたくさん書けそうです

私の友人はホームページ作成業を奈良で一人で自営してます。

インターネットの世界はどんどん新しくなっていくので、

次回ホームページ作成のときに分からない事が

あったらいろいろ聞いてみたいと思ってます。


カルトナージュ教室について!

カルトナージュはフランスの伝統的な手芸品であるとされています。
アクセサリ-BOXや小物入れなど可愛いものがたくさんあります。
ハンドメイドの商品も多く、1点ものも多いです。
家にある空き箱空き缶を使えば誰でも簡単に作ることができます。
子供の夏休みの工作にもおすすめです。(*^_^*)

マスキングテープや厚紙、ボンド、布、箱、があれば作ることができるので、材料費もさほどかかりません。
自分で作った作品を、フリーマーケットで販売している人もいます。
本来のカルトナージュは、しっかりとした厚紙を使用して作るものと言われていますが、自宅で楽しむのであれば、特に厚紙の厚さにはこだわらなくても良いと思います。
キット販売もされているので、材料を色々集めるのが大変だなとか、ちょっと試しに作ってみたいなという人は、キットを購入すれば手軽につくれますし、必要なものも作り方の説明も
すべて入っているので本当に簡単です。(´∇`)|ョ OK!!

また、本格的に勉強したい、極めたいという人は、カルトナージュの講座を受講することもあります。全国各地にカルトナージュの教室があります。
初級コースから上級コースまで開校しているところも多く、自分のレベルに合わせて学ぶことができます。
カルトナージュは、プレゼントにもとても喜んでもらうことができるので、誰かにプレゼントするために体験教室を受講する人も多いようです。

家にあるもので簡単に可愛くておしゃれなものが作れるのであれば、みんな試してみたいと思うのではないでしょうか。
お子様と一緒に通われる人も多いようです。子供さんと一緒に作れば楽しさも倍増します。
教室では、教室にある布を自由に選んで使うことができたり、教室でしかできないサービスも受けることができますし、先生の技術を盗んだり、細かい点も教えてもらうことができるので、極めたい人には最適です。
ネットでカルトナージュの教室を一括で探せるサイトもあるようですので、気になる人はぜひ検索してみてくださーい。(^^♪