予防接種の通知でt

明けましておめでとうございます!!

 <(_ _)>今年も何卒よろしくお願いいたします…

ところで、年末年始といえば家族や親戚と集まる食事の席があるかと思います。
お家でする食事も楽しいし、ちょっとおめかしをしたお店で食事をするのも嬉しいです。

 「お母さ~ん!今年は、蟹ですか?しゃぶしゃぶですか?」と聞くと、「あ、今年は、いつもの年より集まる人数が少ないから。」というのです。
理由を聞くと、「いとこが水ぼうそうになっちゃった!!」とのこと。

その時、そういえば去年の秋に『至急開封』っていう封書が届いていたなあ~ということを思い出しました。

nurse_chusya

9月の末か10月に「水ぼうそう予防接種通知書」というお手紙が届いていたんです。
「今の季節に水ぼうそうって流行っているのかしら??」と半信半疑だった私。
お家の曾祖母にも(近所のことなら何でも知っているご意見番。
困ったことは聞くようにしています。)
「慌てて予防接種に行く必要があるんでしょうか?!」と聞いたくらいなので、私の周りには誰一人として「水ぼうそうにかかった!」という人はいませんでした。

ところが、このお正月、いとこが2人水ぼうそうにかかりました。ということは、通っている園でも流行している可能性があるんじゃないのかな?と思いました。

水ぼうそうは、水ぼうそうの帯状疱疹ウィルスの直接接触や飛沫感染、空気感染で感染していくと曾祖母から教わりました。
特徴的な発疹がでるので、「これは?(ーー;)まさか??」と気づくタイプとそうではないタイプがあると聞き、小さい子どもほど軽く済むと言っていました。
(但し、あくまでも曾祖母の個人主観です。受診は、お早めに。)

予防接種の通知書を見たときは、「流行ってるの??」と疑問を呈しましたが、至近、本当に流行っていると聞いて、『至急開封』の意味が分かりました!!
ありがとうございました!!という気持ちになりました。

このブログを読んでくださった方に、もしもお子さんがいらっしゃいましたら、予防接種のお手紙は開封してチェックすることを強くオススメします!!

(*^_^*)それでは~。

【生きて届く約50億個のビフィズス菌】里の青汁

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加