Web集客の種類について

Web集客といっても、その手法は色々とあります。例えば企業のホームページを使って宣伝活動をするのも、Web集客のひとつです。あるいはメルマガを配信してユーザーを確保するのも効果的な手法と言えます。
さらに検索エンジンによるSEO対策も重要なポイントとなります。特定のキーワードによってサイトが上位表示されるようにコンテンツを作るわけです。その際に、どのようなキーワードで集客するかも大切です。あるいはリスティング広告を利用して、検索により広告表示されるように登録する方法もあります。広告料金の設定によって、どれだけ上位に表示されるのかが決まる仕組みとなります。

いずれにしても、いかに不特定のユーザーを自社のサイトへ呼び込むか、あるいは広告をクリックしてもらうことで誘導するかがポイントになります。同じキーワードで同業他社が集客しているので、いかに上位表示されるかがポイントと言えます。

あるいは自社のサイトのコンテンツに工夫をして、最終的にランディングページに誘うようにすることが大事です。ランディングページとは、最終的にユーザーに資料の申し込みや購入を決断させるページを意味します。そのページからリンクすることはなく、そこで何かしらの決断を下してもらうのが目的となります。このような仕組みを理解した上で、効率良くユーザーを集め、さらに興味を持ってもらうことが必要です。その上で資料請求や購入申し込みへと結びつけるのがWeb集客の目的となります。

知人が、大阪・兵庫でWeb集客の会社をやってますが、毎年手法が変わるそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。