中古一戸建てから新築の家へ (*^_^*)

 101e

我が家はマンション住まいから新築の家に入る前に、中古の一戸建てに15年程住んでいたことがあります。
なかなか新築の家は買えないので、まずは中古の家に入り、買い替えを考えていたのですが・・・。

しかし、バブルが弾けてからはなかなか景気は良くならず、また景気に拘わらず庶民が買える程度の家の価格は殆ど下がりません。
中古の家のローンもなかなか返済出来ず、新築の家には買い替えが出来ませんでした。

中古とはいえ、狭いながら部屋数が多く、特に押入れが多かったので、収納は充分あり便利でした。
注文建築だったそうですが、和室が殆どだったのと、南側の部屋が4畳半で北側が6畳というような、おかしな間取りでもありました。
ベランダも南ではなく西側でしたので、布団は南の部屋の窓の手すりに干していました。

結局15年経ってやっと新築の家を買うことが出来ました。
建売でも良かったのですが、我が家は5人家族なので、建売では部屋数が足りず、注文建築になりました。
注文建築といっても、予算が豊富にある訳ではないので、建築資材などは総て建築会社指定のものであり、こちらが好きに出来たのは、間取りやあとは出窓や1階の物入れ位なものでした。(´・ω・`)ガッカリ…

それでも、壁紙や屋根の色などを決めるのは楽しく、家族で色々考えました。
屋根は明るい緑色に決めましたが、これは気に入っています。また、物入れが
少ないので、オプションで1階に大きな物入れを作りました。

オプションで作らないと、物入れが付いていないのです。
1階に物入れがないと、掃除機やミシン、トレペ、雛人形や兜などはどこにしまえば良いのでしょう?
2階に洗面台だけ作りたかったのですが、窓の数を建築士の方が数え間違えたので、余計にお金がかかることになったので、一度は2階の洗面台を諦めました。しかし、建築士さんが悪いと思ったのか、会社の規則を利用して、窓にお金がかからないようにしてくれ、2階の洗面台も付けられることになりました。本当に有り難かったです。ヾ(´∀`*)ノ

出来上がってみると、ここはこうした方が良かったかなと思う点も出てきますが、やはり家族みんなで作った家は格別です。

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

中古一戸建てから新築の家に引っ越すことが
出来て
本当に良かったです。顔文字*の画像 プリ画像

引越し達人セレクト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加