断熱塗料はどんな種類があるの?効果も教えて

家の屋根についてメンテナンスはできていますか?夏などの太陽光線は強力ですから、断熱塗料などを使う事も検討するべきです。ここでは断熱塗料について見ていく事にしましょう。

断熱塗料は2種類ある
真夏の太陽光線はすごい熱量をほこります。アスファルトの上でもすごい温度になり目玉焼きを焼く事ができるほどと言われています。このようにすごく熱い夏なので屋根や外壁の表面温度も高くなり、80℃になる日もあると言われています。
屋根や外壁がそれだけ熱いので、やはり室内温度も高くなります。そこで役に立つのが断熱塗料です。断熱塗料は大きく2種類に分ける事ができます。それは、遮熱塗料と断熱塗料です。

・遮熱塗料とは何か
高日射反射率塗料とも呼ばれて、赤外線を反射する顔料を混ぜ合わせた塗料になります。赤外線は高熱の原因になる事が多い事から、これを反射する事により塗った場所の温度が上がる事を抑える事ができます。
暑い地域には非常に役立ちます。

・断熱塗料とは何か
遮熱塗料と似ているもので、家を涼しくする事という目的には違いありません。異なる点は反射する事ではなくて防御する事にあります。断熱塗料は熱伝導率の低い樹脂を混ぜ合わせる事により、熱が伝わりにくくする効果がある塗料です。
その事から遮熱塗料よりは涼しさの点では劣ります。ここまで聞けば遮熱塗料の方が優れているように思うかもしれません。確かに涼しさだけで言えばそういう事になるでしょう。

しかし、断熱塗料は先に説明したとおり、熱が伝わりにくいのです。つまりは冬は室内の熱を逃がす事無く、外気を室内に伝える事はできにくいです。この事から遮熱塗料は夏に使うと効果的で、断熱塗料の場合は冬と夏の万能型という事ができます。
自分の住んでいる地域に照らし合わせて適切な方を選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。