非破壊検査や超音波探傷器で破壊せずに検査

機械部品や構造物に生じた傷は耐久性を低くしてしまいます。

超音波探傷器と非破壊検査では機械部品や構造物に内部に傷があるかどうか、破壊せずに検査することが出来ます。

超音波を照射すると、機械部品や構造物に傷がある場合はエコーとして表示されます。

画像や数値などを解析することでどれくらいの大きさの傷なのか、どこにあるのかが判別できるようになります。

非破壊検査や超音波探傷器ではトランスデューサーから超音波が照射されます。

トランスデューサーには大まかに分けて垂直探触子、斜角探触子、水浸探触子の3種類があります。

垂直探触子は垂直に超音波を照射するときに、斜角探触子は障害物などがあり垂直には照射できないときに、
水浸探触子は水槽に入れた状態で計測するときに使用されます。
080347

【グッドネーバーズ・ジャパン】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。