東京からの単身赴任

東京から大阪に単身赴任してはや半年が過ぎました
ようやくこの土地の人たちにも慣れて、住めば都という気分になっている所です。

大阪に単身赴任してきたのは大阪のお客様に納品する製品のリリースが近づいてきたことがきっかけです。

それまでは東京と大阪それぞれのチームを調整する役割をしてきました。

技術の大元は東京にあるので、東京での導入経験のある僕がリリース直前の対応として大阪に呼ばれたという形です。

それまでも東京と大阪はテレビ会議などでも会話しているし、出張で相互に行き来しているので初対面ではありません。

ただ、やっぱり大阪の事務所で働いてみるとやっぱり雰囲気が東京とは違いますね。
一番違うのはやっぱり仕事の話しをしている時に所々で笑いを取ろうとしている所です笑。
これはテレビ会議とかをしていても感じていたことですが、会議の時間は1時間程度だし、ほとんどは議題のことを一生懸命話しているので、大阪のメンバーが笑いを披露するのはちょっとだけなんですね。

でも、いざ大阪に来てみると、ちょっと質問をしに僕の席に来るときなどでも会話に笑いがあります。

たまに僕がそのままスルーしようとするともっとしゃべりたそうに帰っていく雰囲気を感じることもありました笑。
あとはこれは言ったら失礼かもしれませんが、意外と東京の人も受け入れてくれるということです。

正直単身赴任をする時にテレビで言われているような「東京の人は敵」のような反応をされたらどうしようとちょっと思っていたんですよね。

でも僕が面白いことを言ったときにもきちんと笑ってくれるし「◯◯さん面白いわ~」って言ってくれるんですよね。

新鮮だと思ってくれるのかもしれませんが、大阪の人の笑いを持っていなくても大阪の人との笑いに溶け込めるのは嬉しいです。

これも大阪の人の明るさと温かさがあるからでしょうね。

そんな感じでもうすぐ製品のリリースが迫っていますが、こういう大阪の心強いメンバーと一緒に乗り切ろうと思います。

bar_men

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加