最近は便利になった会員カードの作成

会員カードやポイントカードは、以前はショップごとに別々の物が多いものでした。
色々なショップで会員カードの作成をしていると、あっという間にカードでサイフが(ーー;)パンパンになってしまったものです。
また、いざという時には有効期限が(>_<)切れてしまっている、なんてことも日常茶飯事でした。
結構ポイントが貯まっていたのに、期限切れで失効なんて(-_-;)悔しい思いを何度もしたものです。
また、めったにいかないショップなのに、店員さんに勧められて会員カードの作成をしてしまい、後から「これ(?_?)どこのカードだっけ?」と、まったく思い出せないこともありました。
そういうカードに限って有効期限がなかったりして、捨てるのももったいなくてサイフの中に眠らせてしまいがち。
サイフを新調する時に、思い切って不要なカードを捨ててはみたものの…また新たな会員カードの作成によってサイフが(ーー;)パンパンに…。
というループを繰り返していました。
最近では、ショップが同じグループの会員カードを共有していることが多いので、そんな悩みも減っています。
コンビニやビデオレンタル、ガソリンスタンドなどで同じカードを使えてポイントも貯まるので、本当に便利になりました。
貯まったポイントも、昔であればそのショップでしか使えない(粗品や商品と交換とか)ものでしたが、最近ではポイントを現金代わりに使えます。
ガソリンを入れて貯まったポイントを使って、コンビニでコーヒーを買うなんて、夢のような話です。
そのため、一度作ってしまえばカードを流用できるので、会員カードの作成はあまりしなくなってきました。
また、クレジットカード機能を持つカードもあり、ショップ以外の買い物をカード払いしてもポイントが貯まるのも嬉しいです。
そういうカードを持つようになったこともあり、ショップ独自の会員カードの作成をして、スタンプを押してもらう機会は減ってきました。
でも人間勝手なもので、最近少なくなったそういう昔ながらのスタンプカード、(^^♪レアでちょっぴり嬉しいんですよね。

creditcard

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加